Windows10を快適にする5つの設定

Windows10で、もう悩まない!

デフォルト設定は変更すべし!

「Windows10にしたら、スリープモードから復帰しなくなった!」

「Windows10のAnniversaryアップデート後、起動時間が長くなった!」

などWindows10にアップグレードしてから、悩み事が増えていませんか?

私はとても増えました

そして問題を解決する為、PCの調子が悪くなるたびクリーンインストールし直して、原因を見つけながら一つ一つ対処してきました

その甲斐あって快適に使える状態にまでたどり着くことが出来たので、これから私が実践したWindows10の設定についてお話ししたいと思います

スポンサーリンク

起動が遅いと感じたら

AMDのAPUやRADEON(AMD)系のグラフィックを使っている方で、起動が遅くなったと感じた方は最初に「EnableULPS」の値を確認しましょう

確認方法は
  1. ウインドウズのロゴキーを右クリック

  2. 「ファイル名を指定して実行」をクリック

  3. 「regedit」と入力して「OK」をクリック

  4. デバイスの変更許可が表示されるので「はい」をクリック

  5. レジストリエディターの「編集」タブ ⇒「検索」をクリック

  6. 検索する値に「EnableULPS」と入力して「次を検索」をクリック

  7. 検索結果が色付きで表示されたら「編集」タブ⇒「修正」をクリック

  8. DWORD(32ビット)値の編集画面で値のデータを確認する

  9. 「1」の場合「0」に変更する

  10. 「ファイル」タブ⇒「レジストリエディターの終了」をクリック
EnableULPSとはUltra Low Power State(超低電力状態)のことで「1」で有効、「0」で無効になります

無効にすることで、起動時間を短縮することが出来ます

シャットダウンに時間が掛かると思ったら

SSD搭載PCは「高速スタートアップ」を無効にすると、シャットダウン時間を短縮出来ます

手順は
  1. ウインドウズのロゴキーを右クリック

  2. 「コントロールパネル」をクリック

  3. 「電源オプション」をクリック

  4. 「カバーを閉じたときの動作の選択」をクリック

  5. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック

  6. 高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックを外す

  7. 「変更の保存」をクリック
私のPC(ASUS K53TA SSD仕様)での検証結果は、高速スタートアップを無効にした方がTotalで13秒短くなりました

スリープモードから復帰しない場合は?

効果があったのが以下の3つでした
  • Index検索機能の停止(SSDの場合に限ります)
  • 更新プログラムの提供方法変更
  • レガシーソフトのアンインストール
私が感じたのは「スリープ状態でバックグラウンド処理をしていると、スリープモードから復帰出来ないことが多い」ことでした

なのでなるべくバックグラウンド処理を減らすことが必要と感じたのです

もし上記の対策を実行してもスリープモードから復帰出来ない場合は、PCがアイドリング状態のときに動いているプログラムを、アップデートを含めて確認してはいかがでしょうか?

プログラムはタスクマネージャーから確認出来ますし、アップデートは「設定」⇒「更新とセキュリティ」で確認出来ます

これから上記対策を順番に説明していきます

Index検索機能の停止方法

  1. ウインドウズのロゴキーを右クリック

  2. 「コントロールパネル」をクリック

  3. 「管理ツール」をクリック

  4. 「サービス」をダブルクリック

  5. 「Windows Search」(下の方に有ります)をダブルクリック

  6. 「全般」タブでスタートアップの種類とサービスの状態を変更する

  7. スタートアップの種類で「無効」を選び、サービスの状態で「停止」をクリックします

  8. 「OK」をクリック

更新プログラムの提供方法を変更する

  1. ウインドウズのロゴキーをクリック

  2. 「設定」をクリック

  3. 「更新とセキュリティ」をクリック

  4. 「更新プログラムの設定」下の「詳細オプション」をクリック

  5. 「更新プログラムの提供方法を選ぶ」をクリック

  6. 「複数の場所から更新する」を「オフ」にします

レガシーソフトに関して

レガシーソフトに関しては一個ずつアンインストールして確認するか、Windowsをクリーンインストール後に一個ずつインストールして確認するかのどちらかです

私の場合はeBoostr4.5がスリープモードからの復帰と関係がありました

まとめ

SSD仕様のWindows10はデフォルト設定を少し変更するだけで、かなり使い勝手が向上します

私はWindows7からWindows10にアップグレードしたのですが、上記5つの設定のおかげでWindow10へ移行したデメリットよりもメリットを多く感じることが出来ました

また既存OSをアップグレードした後、クリーンインストールし直した方が快適に使えることも分かりました

メインドライブがHDDの方でWindows10を快適に扱えていない方は、この際SSDに交換してWindows10をクリーンインストールしてみてはいかがでしょうか?

システム容量が減るし、サクサク動作するだけでなく、昔に比べ安価に購入出来るのでコストパフォーマンスは高いですよ!

SSD交換時の注意点に関しては「ASUS K53TA にWindows10をクリーンインストールするためには」をご覧下さい

★PCはどんな時でも快適に使いたいですね!★

スポンサーリンク